占星術の休憩室
このブログではおもに西洋占星術やそれにまつわる事柄などについて書いていければいいなと考えています。
PFC JAPANのハイジャック事件の経過について
2014年末より、5名の呼びかけ人が集まり活動を開始しました。
2015年2月10日  第1回横浜集会が行われました。
2016年2月13日  第19回、一年経過したので総会で役員を決めました。
代表に君嶋、書記に水口さん、カメラ担当に寺内さん、が自選、他選により挙手と拍手より、全員一致で決定されました。
後の会議の際、桜井さんが良心の苛責に耐えかね、会計を引き受けて下さいました。
2016年8月6日 第29回横浜集会は、14名とskypeによる参加者で和やかに会議を終えました。休み時間にイチカジさんから、たまたま私が預かっていた会計を「僕がやりますから、僕に下さい。」と言われたので、びっくりして断ると、不満そうに何度も言われました。その日から回覧する予定に、なっていたライト・マンダラも「今日から僕が管理します。」と言っているので不審に思いました。今迄、何度頼んでもタッブレットとの連結をしなかったからです。
8月9日にイチカジさんに集会の反省会のことで、連絡を入れると、その事で話しがあると言われました。8:50頃から、イチカジさんと、加藤さんの三人で話した所、「君嶋さんに、代表を下りてもらいたい。それが認められない場合は、自分達が辞める。」と言われました。 
私的には、「会議で決めた事なので、任期は一年間だけれど、次の会議にはからなければ結論は、出せない。」事と、最近、お二人の活躍がほとんど見られなくなって、私一人でやっている感がしましたので、今、私が降りる事は、PFCJAPANが無くなってしまうと言う懸念を話しましたが、2人共、ロボットの様に、同じ発言を繰り返し、自分達は、辞めます。とskypeを切りました。
そうして先日、私をFACEBOOKの管理人から無断で排除して来ました。当然抗議しましたが、信じられない悪口雑言が却って来ました。これが一体、地球の解放を実現するために活動して来た仲間に対する言葉なのでしょうか?。聞けば翻訳者の馬渕さんを代表として、以前から動いているそうです。その事を止めだてする気は、毛頭ありませんし、本来なら結構な事だと思います。この様な、非人間的な手段を使う必要が、何処にあるのでしょうか?。
スポンサーサイト