占星術の休憩室
このブログではおもに西洋占星術やそれにまつわる事柄などについて書いていければいいなと考えています。
ミャンマーで凶弾に倒れた長井健司さんを追悼します。
 長井健司さん 1957年8月27日生まれ。太陽は乙女座。
 冥王星、火星、水星、おそらく月も乙女座でしょう。土星は射手座で、太陽、冥王星、火星に凶角です。非常にシュールな出生の配置をもっています。
 水星と月の合はジャーナリストとしての才能を、天秤座の木星と金星の合、天王星の吉角は芸術家としての優れた面をあらわしています。常に生死をかえりみず仕事に打ち込まれる方だと思います。
 正直にいいますと米軍イラク侵攻の際、フセインの像を民衆が打倒した際の報道には違和感をおぼえました。
 今回の長井さんがミャンマーで亡くなった事件は偶然のように見えますが、長井さんのホロスコープによると乙女座の冥王星、太陽に進行の土星が合で非常に厳しい時期なのです(しかしこれは死を意味するわけではありません)。過去の修正すべき点を土星の教育的指導で改める時期といえるのです。本当に民衆の側に立った報道を追及する途上で凶弾に倒れたということだと思います。長井さんの死を最後のメッセージとうけとめて私たちはできることをしていかなくてはならない思います。私は苦しんでいる方々を注視して平和の祈りを捧げていきたいと思います。長井さんの冥福を心よりお祈りもうしあげます。
スポンサーサイト

テーマ:占い - ジャンル:

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック